髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

育毛シャンプー ランキング
育毛剤 ランキング
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

皮脂の役割と育毛との関係


ここでは皮脂の役割と皮脂が育毛に及ぼす影響について解説します。

皮脂とは

皮脂は、毛球部分と頭皮の表面(表皮)の中間あたりに位置する皮脂腺(脂腺)から分泌される油分です。

主にトリグリセリドという中性脂肪などからできており、量が多くなると毛穴を通って頭皮上(表皮)に出てきます。

皮脂腺(脂腺)


皮脂腺は、手の平と足の裏を除き、ほぼ全身に存在していますが、特に多く分布しているのが、頭皮です。

頭皮の皮脂腺の数は皮脂腺が多いといわれる額から鼻・鼻横周辺にかけてのTゾーンと言われる部分の2倍以上ほどもあると言われています。

皮脂の分泌量には個人差があるほか、気温や湿度、また食事の内容など外的環境でも変わってきます。年齢によっても変わってきますし、一般的に女性よりも男性の方が、分泌量が多い傾向があるとされています。 

皮脂の役割

皮脂には肌には欠かせない重要な役割があります。

皮膚(頭皮)の表面に分泌された皮脂は汗と混ざって「皮脂膜」となります。

皮脂膜は、セラミド(細胞間脂質)や天然保湿因子(NMF)とともに頭皮や毛髪の表面をコーティングし、細菌やウィルス、異物や紫外線など外部の刺激から頭皮や毛髪を保護したり、頭皮内の水分の蒸発を防いだり、また、頭皮や髪の毛をなめらかにし、肌に潤いや柔軟性を与える働きがあります。

また、皮脂の成分であるトリグリセリドが皮膚に常在する細菌によって分解されると弱酸性となり、他の細菌や病原菌などが繁殖することを防ぐ働きをしています。

但し、皮脂は放置して時間が経つと酸化して過酸化脂質になり、逆に皮膚への刺激物となります。毛穴に皮脂がつまり雑菌が繁殖するおそれもありますのでシャンプーなどで適度に取り除いてやる必要があります。 

皮脂不足と皮脂の過剰分泌

皮脂が不足すると、皮脂膜の形成が十分ではなくなり、肌のバリア機能が弱体化したり肌がアルカリ性に偏ってしまうことで、頭皮が乾燥したり、しわや肌荒れ、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを招いたりします。

過剰な皮脂は、微生物や細菌が繁殖し、肌荒れやニキビ、吹き出物などを引き起こし頭皮臭や痒みの原因となる場合がありますし、紫外線の影響で皮脂が酸化してしまい、頭皮の炎症につながる可能性もあります。

皮脂は多すぎても少なすぎても良くありません

皮脂の分泌量のバランスを保つためには、油っこい食事の摂りすぎや過剰なストレスを抱え込まない等の生活習慣に気を付けたりすることも大切です。

また、日常的に使用するシャンプーも選び方やシャンプーの仕方を間違えると皮脂の分泌量に影響を与えますので注意しなければなりません。

皮脂と育毛

皮脂は育毛にも大きな影響を与えると考えられています。

つまり、上記からもわかるように、皮脂は、健全な頭皮環境の維持に重要な働きをしているため、その不足や過剰分泌は、様々な頭皮トラブルの原因となり、頭皮環境に悪影響を与えるため、育毛にはマイナスと考えられています。

このため、一昔前までは、皮脂を根こそぎ除去する脱脂力の強いシャンプーが高い評価を受けていましたが、近年は、皮脂を取りすぎない「適度な脱脂力」を売りにしたスカルプケアシャンプー、育毛シャンプーというものに人気が出てきています。

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムといった高級アルコール系洗浄成分を配合した脱脂力の強いシャンプーが敬遠され、適度な脱脂力をもったアミノ酸系洗浄成分を配合するシャンプーが多くなっている原因もその一つです。

育毛シャンプーランキング

1日に数回といったシャンプーのし過ぎや、過剰に時間をかけてゴシゴシ頭皮を洗うといったシャンプーの仕方、また温度の高いお湯を使ってのシャンプーも皮脂を過剰に取りすぎる原因となり育毛には良くないと考えられています。

育毛を促進するためには、皮脂膜が適切な役割や機能を果たすことが重要です。

そのためには、皮脂は多すぎても少なすぎても良くなく、バランスの良い皮脂量を保つことが大切です。
 

Copyright (C) 2013 皮脂の役割と育毛との関係 All Rights Reserved. サイトマップ