髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

脱毛因子「TGF-β」とは?


ここでは、AGAの原因となる脱毛因子について解説します。

脱毛因子「TGF-β」とは?

TGF-β(Transforming growth factor)は、細胞の増殖や分化を制御し、細胞死を促すといった働きがあることが知られているタンパク質の一種です。

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する働きがあることから、退行期誘導因子とも呼ばれています。つまり、髪の毛の成長に最も悪影響を与える物質と考えられています。

TGF-βが毛母細胞に作用すると細胞分裂が抑制されたり細胞死を引き起こし、正常なヘアサイクルを阻害することが判明しています。

強力な男性ホルモンDHTとアンドロゲンレセプターが結合されると、髪の毛の成長に最も悪影響を与えていると考えられているTGF-βという脱毛因子の作用が高まり、そのTGF-βからFGF-5(髪の毛が抜けるように命令するタンパク)に伝達されます。

その結果、頭髪の成長にブレーキがかかり、十分な成長期を経ないまま退行期に向かってしまい、抜け毛や薄毛が進行します。
 

脱毛因子「TGF-β」の働き


TGF-βが活性化されるまでの流れ

男性の場合、男性ホルモン(テストステロン)は、その殆どが睾丸から分泌され、血液中を巡りながら細胞内に入ります。

このテストステロンが、頭皮に存在する酵素の一種である5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、毛髪を生み出す毛母細胞を萎縮させるより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

DHT(ジヒドロテストステロン)は直接細胞に働きかけるのでなく、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やします。

脱毛因子「TGF-β」は、FGF-5(髪の毛が抜けるように命令するタンパク)に伝達され、毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛が抜けるよう」と指令を出します。

この作用がAGA進行の原因となります。

一方で、このFGF-5の働きを抑制する因子として「FGF-5S」という因子があるのがわかっています。

FGF-5Sという因子は、M-034エキスという成分に配合されており、イクオスやチャップアップ、ブブカなどの育毛剤に配合されています。

現在では、このメカニズムに注目し、男性ホルモンDHTや脱毛因子TGF-βなどの生成を抑制する成分を配合した育毛剤が多く流通しています。
  

Copyright (C) 2013 脱毛因子「TGF-β」とは? All Rights Reserved. サイトマップ