髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

白髪染めとヘアカラーの違い


ここでは、白髪染めとヘアカラーの違いについて解説します。

白髪染めとヘアカラーの違い

ドラッグストアの商品棚を見ると白髪染めとヘアカラーが分けて陳列されています。

髪を染めるという点では同じ商品ですが、その違いを知らない人は多いと思います。

白髪染めもヘアカラーの一種ですが、白髪専用として作られている白髪染めと、基本的に黒髪を茶色や金色、紫色など別のカラーに染めるために作られているヘアカラーは一般的にその染料剤の配合や染料の仕方が異なっています。

両者は、髪の毛を染める基本的なメカニズムは同じですが、
髪の色を脱色するブリーチ力と、
染料で染め上げる染毛力の調整の仕方
が異なります。

一般的に、白髪染めは「白髪用」に作られていますので、比較的綺麗に黒色・茶色に染まりますが、ヘアカラーは「黒髪用」ですので、白髪に対しては色が入りにくくなるといった特徴があります。

白髪染めとヘアカラーの仕組み

白髪染めやヘアカラーは、
・酸化染料とアルカリ剤を配合した「1剤」と
・酸化剤の「2剤」
を混ぜて混合液にして乾いた髪に塗るものが一般的です。

混合液中の1剤のアルカリ剤で髪のキューティクルを開き、色のもととなる混合液(酸化染料)を髪の内部に浸透させます。

2剤には主に過酸化水素が入っており、1剤と化学反応して脱色と発色が行われます。

発色した酸化染料の分子は結合しあって大きくなり、キューティクルの隙間から出られなくなり、内部に閉じ込められて色が定着します。

白髪染めとヘアカラーは、この色を染める基本的なメカニズムは同じですが
髪を脱色する度合い(ブリーチ力)
染料で染め上げる程度(染毛力)
のバランス調整が異なります。

白髪染めは、もともと髪の毛に色の入っていない髪(白髪)をターゲットにしますのでブリーチ力(脱色力)は弱めで問題ありませんが、しっかり染めるために染毛力を高く調整してあります。

そのため、白い髪の毛だけでなく染めることができます。

一方、黒髪用のヘアカラーは、メラニン色素のある髪を明るい色に染めることを目的に作られているため、ブリーチ力が高く染毛力が比較的弱くなり、見た目も白髪染めより若干違和感のある仕上がりになりがちです。

白髪がまばらで少な目の場合はヘアカラーも有効ですが、白髪の割合が多くなった場合は一般的に白髪染めが有効でおすすめです。

髪や頭皮に対するダメージ

髪の表面はキューティクルで覆われており、このキューティクルが髪を保護し、なめらかさを保っていますが、ブリーチはこのキューティクルを剥がしてしまいます。

従って、髪や頭皮に対するダメージは、白髪染めよりも黒髪を染めるためにブリーチ力が強く設計されているヘアカラーの方が大きいと言われています。

また、これらの白髪染めやヘアカラーは、その配合する化学成分で、髪や頭皮に関するトラブルも多く、アレルギーや湿疹、痒み、かぶれなどの症状が出たり、酷い場合は、アナフィラキーショックと呼ばれる過剰なアレルギー反応が起きて命にかかわる事もあるので注意が必要です。

白髪染めによるトラブル

近年は、このようなトラブルを回避すべく低刺激でかぶれない白髪染めとして、ヘアカラートリートメントの需要が増えてきています。

低刺激でかぶれない白髪染め
  

Copyright (C) 2013 白髪染めとヘアカラーの違い All Rights Reserved. サイトマップ