髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

白髪の原因と対策


ここでは、白髪の原因と対策について解説します。

白髪の原因

白髪の原因は、医学的に解明できていない部分が多く、予防が難しいのが現状です。
謎の多い白髪ですが現在わかっているメカニズムは以下の通りです。

髪の毛の色を決定しているものを「メラニン色素」といいます。

この「メラニン色素」は、皮膚の中にもともと存在する細胞ではなく、色素細胞である「メラノサイト」で作られています。
 
誰でも毛根で髪の毛が作られた瞬間は無色状態(色が付いていない白髪状態)ですが、色素細胞(メラノサイト)でつくられたメラニン色素が髪に送られることにより髪の毛に着色されていきます。

メラノサイト

髪の毛の内部にメラニン色素が多い場合は黒くなり、少ない場合は白髪、中間はブロンドやグレーなどの色になる訳です。

従って、白髪ができる原因は、メラノサイト(色素細胞)の働きが低下し、メラニン色素をつくる働きや、メラニン色素を髪に送りこむ働きが低下することにあります。

これらの要因には次のようなものがあります。

加齢

細胞の老化により、メラニン色素をつくるメラノサイト(色素細胞)の機能が低下したり、メラノサイト(色素細胞)がつくったメラニン色素が髪に送りこまれなかったりします。これにより徐々に白髪が増えていきます。

病気

病気になると、色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を作り出す能力が低下して白髪の原因となる場合があります。この場合は、殆どが病気が完治すると元の黒髪に戻ります。

食生活(食習慣)

食事の栄養バランスの乱れ、ビタミン・ミネラル・タンパク質の不足により、内臓の働きが衰えてしまい、血流量が減ることで、メラニン色素をつくるメラノサイト(色素細胞)の機能が低下したり、メラノサイト(色素細胞)がつくったメラニン色素が髪に送りこまれなかったりして白髪になることがあります。

白髪を改善するためには髪が健やかに育つような栄養素を食事などから摂取するのことが必要になります。
 
遺伝

白髪は統計学上でも遺伝性が高いと言われています。解明されていない部分が多いのですが、遺伝によって起こる白髪は、メラノサイトが生成したメラニン色素が髪に送り込まれにくいという体質を遺伝で受け継ぐと考えられています。

若白髪や子どもの白髪のほとんどは遺伝性のものだと言われています。

生活習慣・ストレス・ダイエット・睡眠・妊娠・出産

ストレス、睡眠不足、運動不足、ダイエットなど、血行を悪くしたり代謝を下げるような生活習慣を送っているとメラニン色素をつくるメラノサイト(色素細胞)の機能が低下したり、メラノサイト(色素細胞)がつくったメラニン色素が髪に送りこまれなかったりして白髪の原因となります。妊娠や出産でホルモンバランスを崩したり精神的ストレスを受けることで白髪となることもあります。

また、化学物質成分を含むヘアケア製品の使用は、頭皮の新陳代謝を抑制するだけでなく、溶解作用をもつ有害物質が毛母細胞に悪影響を及ぼす場合があります。

喫煙

喫煙も血行を悪くしたり代謝を下げる作用があります。特にニコチンには、血管収縮作用があり、血液の流れが悪くなります。当然、メラニン色素をつくるメラノサイト(色素細胞)の機能が低下したり、メラノサイト(色素細胞)がつくったメラニン色素が髪に送りこまれなかったりして白髪の原因となることが考えられます。

イギリスで行われた調査によると、無禁煙者より、禁煙者の方が4倍もの確率で白髪が多いという研究発表が行われたとされています。

紫外線

最近になって紫外線が白髪の原因になることが分かってきました。紫外線の強い日は帽子や日傘などで紫外線対策をすることも白髪対策の一つになります。最近では紫外線対策のシャンプーなども販売されています。
  

白髪対策

白髪を予防する対策としては、十分なメラニン色素を髪の毛に送りこむ必要があります。メラニンは、メラノサイト(色素形成細胞)でつくられますが、その時に必要になる物質が「チロシン」と「チロシナーゼ」いう物質です。

血中から運ばれてきた「チロシン」はメラノサイトの「チロシナーゼ」という物質によってメラニンに変換されます。

このうち、チロシナーゼはもともと体内に存在しますので、
@「チロシン」の量を増やし
Aメラノサイトの働きを活発化
すればメラニンが造られ、白髪になりにくくなります。
※メラニン色素自体は食事などで減らしたり増やしたりすることはできません。

チロシンの摂取

チロシンは食事などで摂取することができます。
1日に500mgから2000mgほど摂取するのが望ましいでしょう。
チロシンを多く含む食品の代表はチーズやかつお、まぐろ、大豆、豆腐などです。

メラノサイトの働きを活発化

カルシウムやミネラルの銅などを摂取することでメラノサイトの働きを活性化することができます。カルシウムは、牛乳やヨーグルト、チーズなど、ミネラルの銅は、魚介類、海藻類、玄米、大豆類などに含まれています。

育毛シャンプーの活用

メラノサイトを元気にする成分「ヘマチン」をはじめ、褐藻由来ミネラル、海塩の高濃度ミネラル、植物由来のアミノ酸ペプチドに着目して白髪のできにくい頭皮環境を作り出すharu黒髪スカルプ・プロという育毛シャンプーがあります。

白髪の予防・改善対策として男性・女性を問わず人気があります。

参考:おすすめ育毛シャンプー ランキング

白髪染めの活用

加齢による白髪は、色素細胞の老化ということもあり、もとに戻すことが難しいとされています。このような場合は手っ取り早く白髪染めを活用して白髪を黒く染める方法があります。

ただ、白髪染めには頭皮に負担をかけるものも少なくないのでできる限り頭皮に負担をかけないかぶれない低刺激の白髪染めを選ぶようにしたいものです。

髪や頭皮に負担をかける白髪染めは、頭皮のかぶれや痒み、湿疹などのほか、抜け毛や薄毛の原因ともなりかねません。

できる限り髪の毛や頭皮に負担をかけずにしっかり染めたいものです。
   

Copyright (C) 2013 白髪の原因と対策 All Rights Reserved. サイトマップ