髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

白髪は治るのか


ここでは、白髪は治るのか(白くなってしまった髪の毛を元の黒い髪に戻せるか)について解説します。

白髪とは?

白髪の原因は、メラニン色素の不足です。

髪の毛は、最初は無色の状態で生えてきますが、この無色の状態の髪の毛に着色するのがメラニン色素です。白髪はこのメラニン色素の不足でできてしまいます。

メラニン色素は「メラノサイト」という色素細胞でつくられます。
 
メラノサイト

そして、メラノサイト(色素細胞)がメラニン色素をつくるときに必要となるのが「チロシン」というアミノ酸です。チロシンはメラノサイト内に存在する「チロシナーゼ」と呼ばれる酸化酵素によって、次々とメラニン色素に変化していきます。

従って、チロシンという物質が不足していたりメラノサイトの働きが弱かったりするとメラニン色素が十分につくられず髪の毛が着色されない事態に陥ってしまいます。

つまり、白髪の予防・対策には、
@「チロシンを増やすこと」と
A「メラノサイト(チロシナーゼ)を活発化させる
ことがとても重要なのです。


白髪は治るのか?

では、一旦白髪になってしまった髪は再び黒い髪に戻すことは可能なのでしょうか。

特定の病気や過度のストレス、乱れた生活や食事などが原因で一時的に白髪になっている場合は、黒髪が蘇る例もあります。つまり弱っている色素細胞(メラノサイト:チロシナーゼ)を活性化して白髪を黒い髪に戻すことは可能です。

この場合は、その病気やストレス、生活習慣などの原因を治したり排除したり、また、チロシンやメラノサイトを活発化する成分を食事などで積極的に摂取したり、白髪対策の育毛シャンプーなどを活用することで白髪の改善が見込めます。

育毛シャンプーの中にはメラノサイトの活性化に働きかける成分を配合したもので白髪の予防・改善対策として人気があるものもあります。

参考:白髪の原因と対策

しかし、死んでしまった色素細胞(メラノサイト)を蘇らせるのは現時点では困難なようです。

加齢や遺伝性の場合、色素細胞(メラノサイト)は弱ってやがて死んでいきますのでそういう意味では通常の加齢などによる白髪の色を黒に戻すことは難しいということになります。

白髪は、人の生命にかかわる重要な問題ではなく、白髪染めなどで簡単に黒髪に変身できるため、研究も遅れがちですが、最近では白髪発生のメカニズムも解明されてきてますので、近い将来、黒髪再生も期待できるのではないかと考えられます。

白髪染め

加齢などで白髪の改善がもはや見込めない場合は、白髪染めが即効性のある有効な白髪対策となります。

現在では、美容室に行かなくても自分で手軽にできる多種多様な白髪染め商品が販売されています。利用されている方も多いと思いますが、髪や頭皮に負担のかかる商品も多く出回っていますので注意が必要です。

髪や頭皮に負担をかける商品は、頭皮のかぶれや痒み、湿疹などのほか、抜け毛や薄毛の原因ともなりますので、できれば頭皮や髪に優しくかぶれない低刺激の白髪染めを選ぶようにしましょう。

白髪を黒く染めるには、ヘアカラーよりも白髪染めを使う方が効果的ですが、使い方を誤ると頭皮トラブルや薄毛の原因になってしまうので注意が必要です。

健康な髪を生み出す土壌である頭皮のことも考えて安心、安全な白髪染めを選ぶことが重要です。
   

Copyright (C) 2013 白髪は治るのか All Rights Reserved. サイトマップ