髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

育毛シャンプーの育毛効果


ここでは、育毛シャンプーに期待できる効果などを解説します。

育毛シャンプーの役割

シャンプーには、
髪の毛や頭皮に付着している脂汚れなどの汚れやホコリを落とす役割
頭皮をマッサージする
といった役割があります。

※シャンプーは、もともとは「押す」を意味するヒンドゥー語で、マッサージをするという意味で使われいた経緯もあります。

育毛シャンプーには、この一般的なシャンプーの基本機能に加えて「頭皮環境を整えて育毛を促進する環境をつくる」という役割があります。

そのため、育毛シャンプーの開発においては、刺激が弱く頭皮に優しい洗浄成分(界面活性剤)の採用、また頭皮に悪影響を与える化学成分(着色料・香料・防腐剤)などの添加物の配合を極力抑え、男女別の育毛対策成分を配合するといった、洗浄成分、添加物、育毛成分などの選定配合に力が注がれています。

育毛シャンプーに期待できる効果

頭皮環境をマイナスからゼロ以上へ 

育毛シャンプーで薄毛を改善

量産されて市販されている安価なシャンプーは、泡立ちや洗浄力、香り、手触りや髪のボリュームといったものを優先するあまり、頭皮環境に悪影響を与える成分を配合しているケースも少なくありません。

例えば、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった高級アルコール系の洗浄成分(界面活性剤)を使用していると、脱脂力が強く乾燥を招き、頭皮にも刺激があるため、肌トラブルを引き起こすリスクも高くなります。

また、こういった成分にはタンパク質を破壊する作用タンパク質変性作用)もあるため、長い期間使用していくと頭皮環境に良い訳がありません。

育毛シャンプー、スカルプケシャンプーといったものの殆どは、これらの成分は使用せず、適度な脱脂力で低刺激、頭皮に優しく保湿性の高いアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

つまり、頭皮環境に悪影響を与えるシャンプーから頭皮環境を加味したシャンプーに切り替えることで、これまで及ぼしていた頭皮へのマイナスの影響を取り除くことができるという訳です。

頭皮環境を改善して育毛促進

育毛シャンプーは、これらの基本的な機能のほか、積極的に育毛を促進すべく、
血行を促進する成分
AGAなど抜け毛・薄毛の原因となる物質にアプローチする成分
が配合されています。

センブリエキスやニンジンエキスといった血行が促進される成分を配合することで、血液中の栄養や酸素が毛乳頭に行き届きやすくなり、太くて健康的な髪の製造が期待できるようになります。

また、ノコギリヤシやオウゴンエキス、キャピキシルやヒオウギエキス、リモネンなど、男性・女性それぞれの抜け毛・薄毛の原因にアプローチする成分を配合することで、抜け毛の抑制が期待できるようになります。

育毛シャンプーで育毛促進

育毛シャンプーを評価するサイトには、「シャンプーでは髪の毛は生えてこない」という解説を見かけることがあります。それと同時に多くの場合、「シャンプーは、抜け毛を抑制することができるだけ」という解説も見受けられます。

しかし、考えてみれば抜け毛が減るということは成長している髪の毛が減らない、つまり増えるということと同じと言うことができ、これを発毛と言い換えることがまるで間違っているとは言えないと考えます。

実際、市販の多くの育毛剤でも、抜け毛を減らして髪を増加させることを育毛・発毛と考えています。

確かに育毛シャンプーは頭皮の洗浄が主な目的ですぐに洗い流すものですので、一部の育毛剤に見られるように毛乳頭や毛母細胞を直接刺激して発毛を促したり、強力な効果や即効性を期待することは難しいかもしれません。

しかし、ヘアサイクル中の成長期の髪の毛の割合を増やして、ユーザーが期待する抜け毛の抑制や薄毛の改善といった効果は期待できると考えます。

育毛シャンプーのランキング
  

Copyright (C) 2013 育毛シャンプーの育毛効果 All Rights Reserved. サイトマップ