髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

ミノキシジルの効果と副作用


ミノキシジルの効果と副作用
  
ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと1960年代に高血圧の経口薬(血管拡張剤)として開発された成分です。後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が確認され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

ミノキシジルは、日本を含む世界中の多くの人が使っている育毛剤に配合されている成分で、リキッドタイプ(外用薬)と経口タイプ(内服薬)のものがありますが、認可されているのは外用薬としてだけで、内服薬としては認可されていないことに注意が必要です。

リキッドタイプ(外用薬)としては、海外では、ロゲインやカークランドといった商品のほか、日本では、リアップという商品名で販売されています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、血管拡張効果により、脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管の再生を促し頭皮の血行改善の役割を果たします。

頭皮の毛細血管の血行が改善されると、血液を通して毛乳頭や毛母細胞へ栄養をより多く運べることになり、育毛へとつながります。

※ジヒドロテストステロン(DHT)により脱毛スイッチが入ってしまった毛根は、髪への栄養補給を十分に行うことができず、また髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮し、頭皮の血行が悪くなっています。ミノキシジルは、血管拡張を促し、頭皮の血行を促進することにより育毛を促進します。

また、ミノキシジルには、毛乳頭細胞からのVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促す作用があることも分かってきています。

VEGFは、血管を新生する作用があると言われているため、髪に必要な新たな血流ルートを確保できることにもつながります。

ミノキシジルにはこのような作用があることから、実際の検証においても
・同一部位(1平方センチ)における毛髪数の増加や、
・太い毛髪の増加
が確認されています。

ミノキシジルには、髪の毛を増やす効果と髪の毛を太くする効果が期待できます。

尚、ミノキシジルは、このような作用がある反面、AGAの原因である男性ホルモンの影響を抑える作用はあまり期待できないと言われています。

ミノキシジルが生え際部分の発毛にはあまり効果がないと言われるのは、生え際部分が男性ホルモンの影響を大きく受けているためだと考えられています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルを外用薬として利用した場合に最も多い副作用としては「頭皮のかゆみ」があります。さらに頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などの症状も副作用として確認されています。

また、これ以外の副作用としては、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状も出る可能性があります。

公式ではありませんが、心臓がチクチクしたり、呼吸が荒くなる人、イライラしてしまう人もいたとのことです。但し、副作用のすべてにおいて「ミノキシジルが原因である」との確証があるわけではないので、過敏になる必要はないとされています。

また、一般的に利用する上ではほぼ副作用は発症しないとしながらも、ミノキシジル(ロゲイン)の開発段階や使用中に(薬品との因果関係は不明としながらも)循環器系の副作用の報告が寄せられたといったこともあるようです。

薄毛改善や育毛ケアも大切なことではありますが、フィナステリド(プロペシア)の副作用と同様に、心身の健康に関する副作用やリスクがあるのでは問題です。

また、服用を中止すると服用前の状態まで戻ってしまう可能性があるとされていますので効果を持続させるためには長期にわたり使用しなければならないリスクもあります。

現在では薬に頼らずとも薄毛改善・育毛ケアともに安心安全とされる成分が開発されており、上記のような副作用やリスクが非常に少ない育毛剤も多数販売されています。
※ここでいう薬(医薬品)とは、いわゆる薬事法で言う医薬品のことです。

特に、育毛剤イクオスややチャップアップに配合されているM-034エキスは、実験の結果、ミノキシジルと同等の効果が確認され、なおかつ副作用が殆どないということでサイトにも表記されています。

また、フィンジアやザ・スカルプ5.0c、バイタルウェーブなどに配合されているキャピキシルという成分は、ミノキシジルの3倍ほどの有効性(活性力)があるとメーカーのサイトで紹介されています。
  

Copyright (C) 2013 ミノキシジルの効果と副作用 All Rights Reserved. サイトマップ