髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

髪を早く伸ばす方法


髪の伸びる早さ

髪の毛の伸びる速さは一般的に1ヶ月で1センチと言われていますが、これは成長期にある健康な髪の場合です。

厳密にいうと発毛段階や頭の場所、また髪の毛1本1本で異なります。特に発毛初期段階の産毛のような状態の場合は、1ヶ月で1mmとも言われています。また、男女差、頭の場所、栄養状態、年齢、その他季節や外的要因などでも変わってきます。

髪を早く伸ばすことはできるのか

髪の毛を早く伸ばすことは、薄毛や細毛を改善したりするのと比較すると比較的簡単にできると考えられています。

髪の毛を早く伸ばす方法として、「シャンプーをしない」とか、「夜更かしする」などといった都市伝説?も存在するようですが、これらは薄毛や抜け毛の原因にもなりかねないのでお勧めできません。

髪を早く伸ばすには、早く伸びるように頭皮に栄養を与えることが不可欠です。
それにマッサージやツボ押しをプラスするとより効果的です。

頭皮に栄養を与えたりマッサージをすることは髪を太くしたり、抜け毛予防など育毛の観点からも良いと言えます。

髪の毛を早く伸ばすべく髪に栄養を与える成分としておすすめしたいのは、
亜鉛、ビオチン、コラーゲンの3種類です。

亜鉛は、AGAの原因となる男性ホルモン(DHT)を阻害し、細胞の増殖を促す効果がある一方で、食事などで摂ったタンパク質を、髪の毛に変える働きがあります。

ビオチンは、皮下組織の毛細血管を太くして血流を上げる能力に長けており、「頭皮を含む皮膚全体の新陳代謝を活発化させたり、毛母細胞への栄養補給を促すため、毛髪の発育機能を高める効果が期待できるビタミン」です。

ビオチンは、白髪を予防する効果もあると言われています。

コラーゲンは、髪の毛に含まれる成分で、髪の毛の育成には不可欠な成分です。このコラーゲンの生成を促す効果もあるビオチンとの併用により、コシのある太い毛を育毛する効果を期待することができます。

これらを含む食品を摂取すると通常より髪が早く伸びることが期待できます。
同時にツメなども早く丈夫に伸びる可能性も高くなります。

亜鉛は、牡蠣やうなぎ、大豆、納豆、チーズ、レバー(豚・鶏)などに多く含まれています。

ビオチンは、いわしやかれいなどの魚類、牛や豚などのレバー、大豆などの豆・穀類に含まれます。

コラーゲンは、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉などに含まれています。

これらの食品を積極的に取り入れましょう。

手っとり早くサプリメントを活用することもできます。

亜鉛、ビオチン、コラーゲンの3種類の成分を含んだ上にヒアルロン酸、ビタミンといった健康や美容に良いとされる成分やシスチンやケラチン、ミレットエキスなどエイジングケアにも有効な成分含みます。

特に女性におすすめとされていますが、男性でも髪を早く伸ばしたい方には人気のある育毛サプリメントです。

サプリメントはおすすめ育毛サプリメントでご紹介しています。

お勧め育毛サプリメントをランキング形式でご紹介
 

Copyright (C) 2013 髪を早く伸ばす方法 All Rights Reserved. サイトマップ