髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

薄毛と遺伝


ここでは、AGAによる薄毛(ハゲ)と遺伝との関係について解説します。

薄毛と遺伝の関係

薄毛と遺伝の因果関係は明確に解明されていませんが、薄毛と遺伝には密接な関係があると言われています。特に、AGA(男性型脱毛症)になりやすい体質や髪の太さや硬さ、白髪は遺伝によるものが大きいと考えられています。

これらの情報(髪の毛の太さや脱毛する遺伝子情報)が親から子へ子から孫へと伝わっている確率は高いとされ、AGAになる家系の方は、そうでない方よりもAGAを発症しやすいというのが実状のようです。

但し、遺伝によって必ず薄毛になるとは限りませんし、逆に遺伝でなくても薄毛になる場合もあります。

AGA体質の遺伝

脱毛の原因とされるDHTは、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼの2つが結び付いて生まれますが、5αリダクターゼを過剰につくりだす体質を両親から受け継いでしまった場合は、AGAを発症しやすいと考えられています。

つまり、遺伝により、「5αリダクターゼを過剰に産出する体質」を受け継いでしまうと、脱毛ホルモンであるDHTを過剰に生産し、AGAを発症するリスクが高くなると考えられています。

この遺伝は優性遺伝と言われ、父親、母親のどちらか一方でも5αリダクターゼを過剰に産出する遺伝子を持っていると、遺伝によってが子供に受け継がれてしまう可能性があると考えられています。

ただ、厳密には、5αリダクターゼからDHTが生産されただけで脱毛が進むという訳ではなくAGAの発症にはもう一つのメカニズムがかかわっていると考えられています。

それが、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の存在です。

DHTはその後、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と呼ばれるものと結合して始めて脱毛因子(TGF-β)が活性されます。

そしてこの脱毛因子(TGF-β)が毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛がぬけるように」と指令を出して抜け毛が促進されます。
  

AGAの仕組み(図解)

そして、遺伝子情報の中には、この男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に関する遺伝子もあると考えられており、遺伝により感受性の高い男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)を引き継いでしまうとDHTの影響を受けやすくなり、AGAになりやすいと考えられています。

つまり、
5αリダクターゼの活性がある遺伝子
感受性の強い男性ホルモン受容体の遺伝子
の2つの遺伝情報がAGAを発症しやすい体質として遺伝されると考えられています。

男性ホルモンが活発な方でも男性ホルモン受容体の感受性が低ければAGAの進行が遅く、逆に男性ホルモンがさほど活発でない方でも男性ホルモン受容体の感受性が高ければ過剰反応になりAGAの進行が速くなると考えられています。

男性ホルモンが多いと思われる男性っぽい身体つきのすべての男性が同じように薄毛にならず、その進行具合に個人差が生じるのはこのような事情があるためです。

尚、男性ホルモン受容体の感受性に関する遺伝子情報はX染色体上にあるため、母方に薄毛の人がいると遺伝しやすいと考えられています。

※男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため母方の祖父が頭髪が薄ければ、自分も薄くなる可能性があると推測されています。

母方の祖父が薄毛の場合には、その他の親族が全く禿げていなくてもAGAになってしまう可能性があるというのは俗説ではないようです。

女性の場合もその確率は低いようですが男性と同じく遺伝による薄毛があるようです。

自分が薄毛になりやすい体質かどうか(薄毛になりやすい体質を親から遺伝んしてそうか否か)はAGA遺伝子検査で確認することが可能です。

尚、遺伝による薄毛だからといってあきらめる必要はありません。

上記のメカニズムがある程度分かってきていますので、最近ではAGAなどに対抗した成分を配合した育毛シャンプー育毛剤などが数多く販売されてきています。
  

Copyright (C) 2013 薄毛と遺伝 All Rights Reserved. サイトマップ