髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

髪の基礎知識


ここでは、髪の毛の構造や断面図、髪の毛の成分や太さ・本数など髪の毛に関する基本的な知識について解説します。

髪の基礎知識
    
髪の毛の構造

髪の毛は、皮膚の外に出ている部分(毛幹)と、皮膚の中に入っている部分(毛根)とに区別されます。

さらに、毛根の下の部分を毛球といい、毛球には毛母細胞と毛乳頭があります。
髪の毛の構造図
髪の毛は毛母細胞が毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養素をエネルギーにして、増殖や分化をくりかえしながら上の方へと伸びていくことでつくられます。

毛乳頭はさまざまな物質を分泌して毛母細胞の増殖をコントロールしています。通常は1つの毛穴から2〜3本の髪が生えています。

髪の毛と呼ばれている毛幹は皮膚などと違い、一度傷つくとその傷は治りません。髪の毛の脱色をした後、髪の色が元に戻らないのはこのためです。

毛根は育毛のためには深いほどいいとされています。毛根が浅いと太毛で元気な髪の毛に育ちにくい上に、本来ならまだ抜けなくても良い髪の毛が抜けてしまう異常脱毛を起こしやすくなります。

髪の毛の断面図

一本の髪は大きく分けると3つの層からなります。

外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。

髪の断面図

キューティクルの主成分はタンパク質で半透明の鱗状のものが4〜10枚重なって、内部を守る働きをしています。最表面にあり、外部から毛髪内部を守り、髪にツヤを与えますが、摩擦にさらされ、傷つきやすいのが特徴です。一旦壊れたキューティクルは再生されません。

コルテックスは、髪の90%近くを占めます。主成分は繊維状のタンパク質です。この部分のタンパク質、脂質、水分量が髪の柔軟性や太さに影響します。また、主にこの部分に含まれているメラニン顆粒によって、髪の色が決定されます。

メデュラは、タンパク質と脂質が主成分です。健康な髪のメデュラは一直線に繋がっていますが、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛では途切れ途切れになっていたり、幼児などの細い髪には含まれていない場合もあります。産毛や軟毛には存在せず、太くて健康な髪の大部分に見られます。

髪の毛の成分

髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、頭皮の一部です。
髪の成分は、皮膚や爪と同じケラチンというたんぱく質で構成されています。
ケラチンは髪だけでなく爪や皮膚の角質層を形成する成分で、18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質の総称です。

ケラチンを構成するメチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸なので、毎日の食事などから摂取する必要があります。
メチオニンが不足すると薄毛や白髪の原因となります。

髪の毛の太さ

髪の毛の太さは、年齢・性別・民族によって異なりますが、日本人の平均的な髪の太さは0.07mm〜0.1mmといわれています。この太さにはかなり個人差があり、同じ人でも頭の場所によって違います。

男性は10代から20代にかけて、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半、女性は30代後半にはだんだんと細くなっていきます。AGAが原因で細くなっていった髪は、AGA対策である程度まで髪を太くすることが可能です。

髪の太さは遺伝によるものが大きいといわれています。

髪の毛の本数

日本人(成人)の髪の毛の本数は個人差がありますが、一般的には約10万本と言われています。髪の毛の本数は通常、年齢とともに減っていきますが、毛穴の数は母親の胎内にいるときに決まっていて、生まれてからその量が増減することはないようです。1つの毛穴から2〜3本生えている場合や休止している毛穴があります。

髪の毛の伸びるはやさ

髪の毛の伸びる速さは発毛段階で異なります。発毛初期段階は1ヶ月に1〜2mmほどしか成長しない髪が成長期に入ると1ヶ月に1cm(1日平均0.35mm前後)ほどの速さで伸びます。

これも、男女差、頭の場所、栄養状態、年齢、季節、その他外的要因などで変わってきます。髪に有効な成分を摂ることで髪を早く伸ばすことも可能と言われています。

髪の毛にはヘアサイクルがあり、約2〜6年で毛根の成長が止まり抜け落ちます。その後、約2〜3ヶ月ほどで抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきます。
  

Copyright (C) 2013 髪の基礎知識 All Rights Reserved. サイトマップ