髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

界面活性剤


ここでは、シャンプーの洗浄成分である界面活性剤について解説します。

界面活性剤とは?

界面活性剤は、洗濯用洗剤・食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、シャンプー、リンスやトリートメントなど実生活において様々な物で使われています。

たとえば、水と油をひとつの入れ物に入れると2つの層に分かれます。ところが、この中に界面活性剤を入れてかき混ぜると水と油は混ざりあいます。界面活性剤には、2つの物質の境界面に働きかけて、その性質を変えていく働きがあります。

界面活性剤は、シャンプーなどでは主に洗浄成分として、また泡立ちを良くする成分としての役割があります。泡立たせることによって泡の中に汚れや油脂を吸着させて洗い流すことが出来るようにします。
 
界面活性剤は、シャンプーに配合されている成分では、通常、水についで多い成分でシャンプー全体の約30%程度を占めていると言われています。そのため、シャンプーというものを評価する上で、極めて重要な成分(要素)となります。 シャンプー剤の中の界面活性剤の割合

界面活性剤は、頭髪に影響するシャンプーやリンスなどで考えると、
石油系・高級アルコール系
石鹸系
アミノ酸系
などに分類されます。
    

界面活性剤

特徴

石油系
・高級アルコール系
低コストで製造できるため価格が安価ですが、洗浄力が高く皮脂を取りすぎる傾向にあります。肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼすと考えられています。
石鹸系 アルカリ性で洗浄力がありますが、皮脂を取りすぎる傾向にあります。肌への刺激がやや強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼすと考えられています。 また、仕上がりの髪がきしんだりゴワついたりする傾向があります。
アミノ酸系 程よい洗浄力があり、頭皮や髪にやさしいのですが、値段が高めとなります。最近、頭皮のケアブームでこの手のシャンプーが増えています。
 
石油系・高級アルコール系の界面活性剤は、石油系や高級アルコール系などの原料から精製されるもので製造コストが安くつきますが、アミノ酸系の界面活性剤と比較して洗浄力が高く皮脂を取りすぎる傾向にあり、肌への刺激が強く頭皮や髪の毛へのダメージは大きいと考えられています。

※石油系・高級アルコール系のシャンプーは、ドラッグストアやスーパーなどで安価に大量に販売されています。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naといった成分が、高級アルコール系の界面活性剤としてよく使用されてます。

石鹸系の界面活性剤も洗浄力が高く、石油系・高級アルコール系同様、皮脂を取りすぎる傾向にあります。アルカリ性なので肌や毛髪に若干の悪影響を与える欠点があります。また、洗い上がりの髪の手触りが悪くキシミやすいのが特徴です。

適切な頭皮のケアを心がけるのであれば、アミノ酸系(天然系)の界面活性剤を使用しているアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

毎日のように使用するものですから、頭皮に悪影響を及ぼす恐れのある物を使用し続けていればダメージは蓄積されていきます。

多少お値段が高くとも天然系の成分を使用しているシャンプーを選んだ方が、結果としては抜け毛予防にもつながり、育毛コストも安くつくと考えられます。

厳選!アミノ酸系おすすめシャンプー
  

Copyright (C) 2013 界面活性剤 All Rights Reserved. サイトマップ