髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い


ここでは、普段あまり気にせず使っている「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」について、その違いを解説します。

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

薬事法では、発毛剤、育毛剤、養毛剤を明確に区別しています。
  
発毛剤 医薬品 発毛剤は、薬事法では「医薬品」扱いとなります。発毛剤は、育毛剤や養毛剤のように毛髪によい環境を作り出すのではなく、毛を生やすことを目的としたものになります。つまり、脱毛した毛穴から毛髪を発毛させるように促します。
育毛剤 医薬部外品 育毛剤は、薬事法では「医薬部外品」扱いとなります。育毛剤は文字通り、髪の毛が育つ環境を促すものです。フケやかゆみ、炎症などを抑え、脱毛の予防や現在生えている髪の毛を丈夫に育てることを目的としています。
養毛剤 化粧品 養毛剤は、薬事法では「化粧品」扱いとなります。養毛剤は、頭皮と髪の毛に各種の栄養成分を補給して、頭皮と毛髪の健康を維持することを目的としています。

薬事法では、養毛剤は化粧品扱いとなり、スキンクリーム等と同じ扱いになります。

「薬用」と名前についているヘアトニック等は「医薬部外品」扱いとなっていますが、一般的なヘアトニックは薬事法では化粧品の扱いとなります。

医薬品と医薬部外品の違い

医薬品と医薬部外品の違いは、医薬品が「人や動物の病気の診断や治療予防に使われる薬品」であるのに対し、医薬部外品は、医薬品に準ずるもので「効果や効能が確認されているが、あくまで予防の範囲に収まる程度のもの、作用が緩やかで副作用も少ないもの」であることです。

医薬部外品は、専門家が介在しなくてもユーザーが使用説明書をよく読めば安全に使用できるものと定義されています。

医薬品は効果が認められるもの、医薬部外品は効果が期待できるものとなり、効果が高い順に並べると、一般的に「発毛剤 > 育毛剤 > 養毛剤」ということになりますが、医薬品は、効果が高い分、副作用等のリスクがあります。

医薬品である発毛剤としては、TVのCMでもお馴染みの大正製薬のリアップや万有製薬のプロペシア(内服薬)などがありますが、それぞれ、その成分であるミノキシジルの副作用やフィナステリドの副作用が報告されています。

※リアップの成分:ミノキシジルの副作用
※プロペシアの成分:フィナステリドの副作用

近年では育毛剤でも発毛剤と同等の効果が期待できるものが出てきています。

個人によっては、医薬品の育毛剤で効果がなかったものが、医薬部外品の育毛剤で効果が確認できた方も多数いらっしゃいます。 また、医薬品の副作用を考えて医薬部外品の育毛剤を使用される方や、実際に副作用を実感して医薬品から医薬部外品の育毛剤に戻ってこられる方も増えてきています。

医薬部外品である育毛剤は、おすすめの育毛剤(男性・女性別)を人気ランキング順でご紹介しています。
 

Copyright (C) 2013 発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い All Rights Reserved. サイトマップ