髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

生え際に効果のある育毛剤


生え際は育毛・発毛が最も困難な箇所と言われています。ここでは、生え際の育毛・発王が期待できる育毛剤や育毛サプリメントをご紹介します。

生え際の育毛(発毛)


AGA(男性型脱毛症)には、
・生え際が後退していくいわゆるM型脱毛症
・頭頂部から脱毛が進むO型脱毛症
・そのM型とO型二つが合わさった複合型脱毛症
などがありますが、AGAの初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプと言われています。

様々な育毛剤が世の中に出回っていますが、この生え際の髪の毛を復活される育毛剤はなかなかありません。リアップという名前で有名なミノキシジルという医薬成分も生え際にはあまり効果がないと言われています。

生え際は、育毛(発毛)が最も手ごわいと箇所と言われています。

 
生え際が後退していく原因


U型5αリダクターゼの存在

AGAは男性ホルモンが関係しています。

主に睾丸から分泌されるテストステロン(男性ホルモン)は、頭皮の毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と結合し、悪玉の男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)に変換されます。このDHTが抜け毛・薄毛の原因となります。

生え際が後退していくのは、前頭部生え際部分の毛乳頭において、5αリダクターゼ(主にU型)の分布が多く、このDHTの生産が最もさかんであることが原因の一つと考えられています。

※5αリダクターゼにはT型とU型が存在し、前頭部生え際の部分や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在するU型5αリダクターゼがAGAの進行に大きくかかわっていることがわかっています。尚、T型は殆どの頭皮全体の皮脂腺に存在しています。

生え際の育毛剤は何が効果があるか?

血行不良

AGAを発症すると頭部体温が低下し、血流が低下すると言われています。そしてその影響を最も受ける場所が前頭部の生え際部分と言われています。

さらに、前頭部の生え際部分は、おでこにつながる部分でつっぱりがちになりますのでどうしても頭皮の厚さが薄く、硬くなりがちです。

そのため、髪の毛に栄養を送るための毛細血管の血行も悪くなり、栄養も十分に行き届かなくなるほか、育毛シャンプーや育毛剤などの有効成分も浸透しにくい場所でもあります。

毛根への負担

生え際は、多くの刺激にさらされています。髪をかき分ける動作や前方からの風、分け目への紫外線など常に刺激にさらされています。髪の中で最も動きが激しく毛根へも負担をかけています。分け目を同じ場所で続けていると段々と分け目部分の地肌が目立ってくることは多くの人が経験していることです。

脱毛症の一つに牽引性脱毛症というものがありますが、これは、髪の毛を継続的に引っ張ることによって髪の毛が抜けてしまう症状です。一度引っ張って抜けるような強い力でなくても、少しずつ毛根に負担をかけるような力で引っ張り続けることで毛根が弱ってしまい、やがて抜け落ちてしまう脱毛症です。前頭部生え際部分は、引っ張るほどのことはないにしてもこのような傾向が見られる箇所と推測できます。

薄毛を気にして生え際部分の髪や頭皮を過度に触るのは控えるようにしましょう。

眼精疲労による栄養供給不足

眼精疲労になると、本来、髪の毛の成長に必要とされる原料(栄養素)が、眼精疲労で傷ついた網膜の傷の修復に回されてしまうと考えられています。

その結果、育毛に使われる成分(栄養素)が不足し、抜け毛や薄毛・細毛の原因となってしまうと考えられています。特に近年は、パソコンやテレビ、スマホなどのLEDが普及し、網膜に刺激を与えるブルーライトがいたるところに存在しています。

生え際が他の箇所と比較して薄毛になりやすい理由、さらに、頭頂部などに比べて育毛剤の効果がなかなか発揮されないのは、これらの生え際特有の性質によるものだと考えられています。

※尚、生え際は、汗や皮脂が分泌しやすい個所でもありますが、過剰な分泌でない限り特に問題ありません。最近では、適度な皮脂は育毛には必要だということがわかってきました。多くの育毛シャンプーが「皮脂を取りすぎないシャンプー」ということを謳い文句にしているのはそのためです。

  
生え際に効果のある育毛剤は何か

このようなことから、生え際の発毛に効果のある育毛剤は以下の要素をクリアしたものとなります。

@5αリダクターゼ(U型)やDHTを抑制する育毛剤または育毛サプリメント
A血行促進成分・発毛促進成分が充実している育毛剤または育毛サプリメント
B浸透力のある育毛剤

上記の3つの条件を満たした育毛剤は、おすすめの育毛剤でも紹介していますが、
「イクオス」
「チャップアップ」
「ポリピュアEX」
などが有力です。
     
おすすめ育毛剤 脱毛抑制成分 血行促進成分 浸透力
イクオス
(ナノ水)

チャップアップ

(ナノ水)
ポリピュアEX
天然ナノサイズ
M-1育毛ミスト
ナノサイズ化
 
特にイクオスやチャップアップは、育毛サプリメントを付属している点で他の育毛剤と比較しても効果が期待できます。

特に、育毛サプリメントに配合されているノコギリヤシ(ソーパルメット)は、5αリダクターゼやDHTの生成を抑制(阻害)する優れた働きがあるとして有名です。

生え際という最も育毛が困難な箇所は体の外と内の両方から攻めるのがより効果的と言えます。

育毛サプリメントでもご紹介していますが、@とAを満たした育毛サプリメント単体としては、
「イクオスサプリEX」
「チャップアップサプリ」
「BOSTON」
「マイナチュレ」
などが有力と考えられます。

生え際の発毛は困難ですので、育毛剤と育毛サプリメントの併用がおすすめです。
   

Copyright (C) 2013 生え際の発毛に効果のある育毛剤 All Rights Reserved. サイトマップ