髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

フィナステリド(プロペシア)の効果と副作用


フィナステリドの効果と副作用
   
フィナステリド(フィナステライド)は、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として米国食品局(FDA)が認可した薬です。

本来は前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛を確認できたことから発毛剤として用途が広がりました。

日本では、プロペシアという商品名で流通しています。

フィナステリドの効果
  
AGA(男性型脱毛症)は、加齢や遺伝、生活習慣などの要因により引き起こされる脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成が主な原因の一つと考えられています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛細血管から運ばれてきた「男性ホルモンのテストステロン」と毛乳頭に存在する「5αリダクターゼ」という物質から生成され、毛母細胞の機能を弱らせ、結果としてAGAによる薄毛や脱毛を進行させてしまいます。
 

フィナステリドのAGAへの働きかけ(図解)

フィナステリド(finasteride)は米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つです。男性ホルモン(テストステロン)をDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である5αリダクターゼ(主にU型)を阻害することによって作用します。

その結果、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑え、脱毛・薄毛を減らし、太くて健康な髪の毛を生産するヘアサイクルの成長期段階を延長することができるとされています。

特に、5αリダクターゼ(主にU型)を阻害する働きがあることから、ミノキシジルではあまり効果が確認できなかった生え際部分の発毛・育毛にも期待が持てる成分として注目されています。

AGA対策として有効な薬として日本でもプロペシアという名称で処方されていますが、一方で副作用も指摘されています。  

フィナステリド(プロペシア)の副作用
  
フィナステリドの副作用としては、一般的に、
・勃起不全(ED)
・性欲減退
・精子の減少
・射精障害
といった性機能の低下や、
・発疹、蕁麻疹
・胃の不快感
・抑うつ
・全身倦怠感
などの副作用があるといわれています。服用中に肝臓の酵素が上昇した報告もあるようですので、肝機能に障害のある方は、医師に相談されることをおすすめします。

女性の場合は、妊娠時のリスクを高めるとして、服用が禁止されているほか、触れるだけでも、有効成分が体内に吸収される場合があるので、注意しなければならないとされています。

妊娠中の婦人がフィナステリドを服用したりすると、男子胎児の生殖器官等の発育に影響を及ぼすおそれがあると言われています。

また、ジョージ・ワシントン大学のマイケルアーウィング博士がフィナステリドの副作用について、2012年7月12日に医学雑誌 Journal of Sex and Medicine で発表した内容によると、フェナステリドは、勃起障害や精力減退が誘発されている可能性があるということのほか、鬱病の症状が出る確率が低くないことを指摘されています。

日本では現時点であまり問題となっていませんが、海外では、薬の服用中止後も続くED症状や精力減退症状の訴えの増加もあるようです。

薄毛改善や育毛ケアも大切なことではありますが、心身の健康に関する副作用やリスクがあるのでは問題です。フィナステリドは、服用を中止すると毛髪の状態も服用前の状態まで戻ってしまう可能性が高いとされていますので、効果を持続させるためには長期にわたり使用し続けなければならないリスクもあります。

効果があるとばかりに長期間服用した結果、AGAでは済まされないことにもなりかねませんので注意が必要です。

現在では薬に頼らずともフィナステリドと同じ働きをする安心で安全とされる成分が開発・発見されており、上記のような副作用やリスクが非常に少ない育毛剤も多数販売されています。

購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要といえます。

おすすめ育毛剤 ランキング
 

Copyright (C) 2013 フィナステリド(プロペシア)の効果と副作用 All Rights Reserved. サイトマップ