髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

AGA対策(抜け毛、薄毛の予防と対策)


AGA(薄毛・抜け毛)の原因

AGA(男性型脱毛症)の予防には、そのAGA(薄毛・抜け毛)のメカニズムと、AGAを発症している原因を理解し、しっかりとした知識をもって対策を講じることが有効となります。

AGA(薄毛・抜け毛)の原因には、主に
男性ホルモン(遺伝的要素)
生活習慣(ストレス・食習慣)
がありました。

これらの原因に対策を講じることでAGAを改善していくことができます。
   
男性ホルモン(遺伝的要素)への対策

AGAを発症すると、残念ながら日常生活の改善だけではなかなか改善することができなくなります。育毛剤や育毛サプリメントなどの力を借りてちゃんとAGA対策を施すことが必要になります。

DHTの生成を抑制

育毛剤や育毛サプリメントなどに、男性ホルモンに対する対策を講じたものが多く出回っているように、最も重要なAGA(男性型脱毛症)対策が男性ホルモン(遺伝的要素を含む)への対策です。

男性の場合、主に睾丸から分泌される男性ホルモン(テストステロン)が、頭皮の毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、毛髪を生産する毛母細胞を萎縮させる、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

これが同じく毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合して脱毛因子「TGF-β」を増やし、毛乳頭や毛母細胞へ髪が抜けるよう指令(FGF-5)を出します。この作用がAGAの原因となります。
  
AGAの仕組み(図解)

この仕組みからもわかるAGA対策としては、
・男性ホルモン(テストステロン)をDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である「5αリダクターゼを阻害」したり、
DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害したり、
脱毛指令FGF-5を抑制したり
することなどが有効であることがわかります。

現在では、このような働きをするAGA対策成分が数多く発見・確認されており、様々な育毛剤育毛シャンプー育毛サプリメントなどに配合されています。

尚、AGA対策の選択肢としてプロペシアやミノキシジルなど医薬品もありますが、これらには、重篤な副作用が報告されていますので注意が必要です。

医薬品でなくても薄毛改善・育毛ケアともに安心安全な成分も開発されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要です。

血管を拡張し、頭皮の血行を促進

DHT(ジヒドロテストステロン)により脱毛が進行してしまった毛根は、髪へ栄養補給する力が弱まっています。次第に髪へ栄養を届けるための血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなっています。

現在では、血管を拡張し、頭皮の血行を促進する成分が数多く発見・確認されており、様々な育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントなどに配合されています。

「DHTの生成を抑制する成分」に加えて「頭皮の血行を促進する成分」を配合した商品も数多く販売されていますので、購入前にはその点をしっかりチェックしてから使用することが重要です。

生活習慣上の対策

生活習慣で気をつけたいことは、規則正しい生活、適度な運動、睡眠、ストレス対策などです。

睡眠は「休息・修復・成長」のための重要な時間です。特に、就寝後3時間ほどの間に訪れる深い睡眠時のノンレム睡眠時には、成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯とされています。

必要な睡眠時間は人それぞれですが、少なくとも6時間から8時間程度は睡眠した方が髪の健康やその他健康全般にとってもよいことです。また、質のよい睡眠をとるためには、適度な運動も有効です。

運動は血行を良くするほかホルモンバランスや自律神経を整えたりストレス発散効果などを持っています。適度な運動を日常的に行うことによって血行が改善され、薄毛予防効果・白髪予防効果を生み出すことができます。

毎日ウォーキングや水泳などの十分な有酸素運動を継続することは(筋肉量の増加を目的とした短時間の不定期な運動に比べて)白髪・脱毛リスクを抑えることができると言われています。

また、毛細血管は加齢やストレスで減少していきますが、有酸素運動で新生することができると言われています。髪に栄養を運ぶ毛細血管を増やすことで元気な髪の育成が期待できます。

生活習慣(食習慣)上での対策

髪に必要な栄養として第一に挙げられるのが、髪の毛の主成分でもあるタンパク質です。タンパク質は大豆、肉類、卵、魚類、乳製品などに多く含まれ身体を作る上で欠かせない必須栄養素の一つです。

また、タンパク質の一種であるコラーゲンも髪の毛を太くしっかりするのに効果的です。髪の毛に腰がなくなってきたと感じたらコラーゲンをたっぷり摂ることをおすすめします。これらはサプリメントなどでも摂取することが可能です。

必須ミネラルの一つである亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない成分です。髪の毛の主成分はタンパク質ですが、体内に取り込まれたタンパク質は一端アミノ酸に分解され、亜鉛の働きによってタンパク質に再合成されます。

亜鉛を含む食品としては牡蠣、ワカメ、ひじき、うなぎ、牛肉(もも肉)、レバー(豚・鶏)、卵黄、大豆、納豆、豆腐、そば、 チーズなどがあります。サプリメントなどでも摂取することも可能です。

ビタミンは、髪の成長にも大きく影響する栄養素です。特に、
・血行を促進する作用のあるビタミンE
・細胞分裂を正常化して頭皮の健康を保つビタミンA
・コラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にするビタミンC
・ビタミンCの吸収を助け、ビタミンCが体内で十分機能を果たす手助けをするビタミンP
は髪の成長に大きく影響する栄養素です。

・ビタミンAはニンジンやカボチャ、小松菜、ホウレン草に多く含まれ、
・ビタミンEは玄米、胚芽米、胡麻、ナッツ類や植物性の油に、
・ビタミンCはアセロラ、いちご、キウィ、グレープフルーツ、さつまいも、じゃがいも、モロヘイヤ、レモンなどに、
・ビタミンPはみかん、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類
に多く含まれています。サプリメントなどでまとめて摂取することも可能です。

生活習慣(ストレス・喫煙)上での対策

ストレスを感じると、筋肉が収縮して血行が悪くなります。自律神経の働きも鈍り、これによって頭皮の血行も悪くなり、髪の成長に必要な栄養が十分に運ばれなくなってしまい、結果的に髪に元気がなくなってきます。

また、ストレスを感じることで食欲不振や内臓の機能低下、睡眠困難など健康そのものに害を及ぼしてしまいますので、ストレスを溜めないように心がけましょう。

自分なりのストレス解消方法を見つけて、ストレスを上手に発散すること、そしてストレスを感じにくい生活を送ることが大事となります。ストレス発散効果には運動は大変有効です。

喫煙は、タバコの中に含まれるニコチンが血管を収縮させて血行を悪くする作用を持っているため、白髪や薄毛のリスクが高くなると言われています。また、喫煙は、薄毛の原因物質であるDHTを増加させるという調査結果もあり育毛にはマイナスです。

喫煙者の方は禁煙を行うことで白髪 ・薄毛の改善効果を生み出すことができます。
 

Copyright (C) 2013 AGA対策(抜け毛、薄毛の予防と対策) All Rights Reserved. サイトマップ