髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

頭皮の血行を促進する効果が期待できる成分


AGA対策成分

AGAの仕組みを理解すると、AGA対策には、おおまかに、
5αリダクターゼの働きを抑制したり
DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制したり、また
脱毛因子「FGF-5」の発現を抑制
することが有効であることがわかります。

一方で、「頭皮の血行を促進」して発毛を促すこともAGA対策としては必要です。

ここでは、「頭皮の血行を促進」する成分をご紹介します。

DHTの生成を抑制するAGA対策成分は、こちらを参照して下さい。

頭皮の血行を促進する成分

現在では、以下の成分などから頭皮の血行を促進する効果が確認されています。

アルギニン

アルギニンには成長ホルモンの分泌を増やす作用があることがわかっています。成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるとされていて、毛髪の再生に効果が期待できるといわれているのです。

また、この物質にも育毛剤によくある血管を拡張する作用があるといわれており、育毛を促進する効果があるのではないかと期待されています。
 
逆にこのアルギニンが不足すると、成長ホルモンの分泌が少なくなり、免疫力の低下、成長障害、老化の進行などが起こり、頭皮、毛髪にも悪い影響を与えるとされています。

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムは副交感神経刺激剤です。

毛細血管は副交感神経を刺激することにより拡張します。副交感神経刺激剤である塩化カルプロニウムは、血管を拡張させることで毛根に栄養や酸素を運ぶことで発毛を促す作用があるとされています。育毛剤として用いられる場合、副作用として熱感や刺激感、発汗、悪寒、かゆみなどがあります。

育毛剤のカロヨンシリーズに配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウム

市販の育毛剤を買うと、高い確率で有効成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」という成分が配合されています。

抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、頭皮の炎症やフケ、かゆみを防ぐ目的で化粧品や育毛剤に用いられています。発毛や育毛効果に直接作用するものではなく、頭皮環境を整えることで育毛の土台作りをするといった作用が期待できます。

頭皮のトラブルのひとつである頭皮の炎症や、フケ、かゆみなどトラブルを防ぐために、育毛シャンプーや育毛剤には有効成分のひとつにグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものが多いようです。

これも男女の様々な育毛剤育毛シャンプーに配合されています。

セファランチン

セファランチンは、ツヅラフジ科の植物タマサキツヅラフジから抽出した有機化合物です。脱毛の治療にも効果があると言われており、円形脱毛症の患者さんに処方する薬としても知られています。

毛細血管を拡張して血行を良くする血流促進作用、造血機能の回復力を高める免疫機能増強作用、毛母細胞の増殖を促進する作用などの効果があると言われ、同じく薄毛に悩んでいる方にも有効とされています。

育毛剤プランテルや育毛剤CA101に配合されています。

センブリエキス

センブリエキスとは、日本や中国、朝鮮半島に自生しているリンドウ科センブリ属の草からアルコールなどで抽出したエキスです。

センブリエキスの苦み成分が、胃を刺激するということで、元々漢方薬の1つとして胃薬などに使われてきましたが、刺激は脳に伝わり、さらに末端の神経へと伝達されていき、毛細血管の流れが良くなるため発毛促進が期待できるとされています。

また、センブリエキスには皮膚温の上昇、皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善、発毛促進に効果が期待できるとされています。

市販の育毛剤や育毛トニックなどによく使用されている成分の一つで、育毛トニックなどの成分を見ると「センブリエキス」という文字をよく見かけると思います。

女性の育毛剤としても期待され男女の様々な育毛剤や育毛シャンプーに配合されています。

ニコチン酸アミド

ビタミンB3またはナイアシンとも呼ばれています。
毛細血管を拡張させ血行を促進させる効果があります。
毛母細胞を活性化し育毛に効果があるため市販の多くの育毛剤に配合されています。また、善玉コレステロールを増加させる効果もあると言われています。ニコチン酸アミドが不足すると、皮膚疾患、胃腸障害、ホルモン合成の低下などが起こり、体に不調をきたす場合があります。

ビオチン

ビオチンは、特に皮下組織の毛細血管を太くして血流を上げる能力に長けており、頭皮を含む皮膚全体の新陳代謝を活発化させたり、毛母細胞への栄養補給を促すため、毛髪の発育機能を高める効果が期待できるビタミンです。

髪の毛の太さや強さは、髪の毛に含まれるコラーゲンによるところが大きいため、このコラーゲンの生成を促す効果もあるビオチンは、コシのある太い毛を育毛する効果が期待できます。

また、ビオチンの不足は白髪の原因となることが指摘されています。

ビタミンE

若返りのビタミンと言われています。
抗酸化作用があり頭皮の細胞が酸化するのを防いでくれる作用があり、さらに血液の流れを良くして、抹消血管を拡張します。
  

Copyright (C) 2013 頭皮の血行を促進する効果が期待できる成分 All Rights Reserved. サイトマップ