髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

植毛(人工毛植毛と自毛植毛)


ここでは、薄毛治療の手段の一つである植毛について解説しています。

植毛とは?

育毛剤などを試したが期待した効果がなかった場合や、進行が進み育毛剤では手遅れの状態となった場合、また、確実により高い効果を期待される方の手段として植毛という選択肢があります。

植毛とは頭皮に毛を植え付ける増毛法のことです。

育毛剤を購入したり、日々、育毛剤を塗布する手間から解放されますし、移植される髪の毛も太くて弾力のある髪である場合が多いので髪の毛が細いので太くしたいといったコンプレックスに悩まされることもなくなります。

育毛剤や発毛剤、カツラなどと比べると馴染みのない増毛法かもしれませんが、近年では植毛技術の発達によって植毛を受けるAGA(男性型脱毛症)の方が増えています。

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛の2種類があります。

人工毛植毛と自毛植毛

人工毛植毛は人工の毛を植毛したい部分に植え付ける方法で、自毛植毛は自分の今ある髪の毛を目的の箇所へ移植する方法です。

もともとは火傷や事故などで頭髪を失った方の為の治療から始まったものですが、最近ではAGA対策など、見栄えなどの面から植毛を希望する方が増えています。

人工毛植毛

人工の毛を植毛したい頭皮に移植する方法です。

人工毛は、光沢や質など、ほぼ人の毛を再現しています。一般的に毛の強度や耐熱温度などは人の毛より優れています。

人工毛植毛のメリットとしては、
○比較的短い期間で頭髪を増やすことができる
○自分の髪の毛が必要ないので髪の毛の量が少ない方も行うことができる
などがあげられますが、

デメリットとして、
○頭皮へのダメージが少なくない
○一般的に頭皮への定着率が低い(抜けやすい)
※1年で半分ほど抜けると言われています
○一度抜けるともう生えてこない
○アレルギーなどの拒絶反応を起こす可能性がある
○切れた人工毛が皮膚内に残ったりすることもある
○状態を維持するためにメンテナンスが必要で費用が高額になる
などがあげられます。

自毛植毛

自分の髪の毛を植毛したい頭皮に移植する方法です。

髪が薄くなるのは男性ホルモンの影響が大きな原因です。ところが後頭部や側頭部の毛根は男性ホルモンの影響を受けずに抜けにくい特長があります。

自毛植毛はこの後頭部や側頭部の毛根を増毛したい部位に移植することにより、自分の髪をよみがえらせる技術です。

自毛植毛のメリットとしては、
○定着率が高く植毛した毛が定着すればそのまま普通の毛のように生えていく
※定着率は95%以上とも言われています。
○今まで通りに ヘアサイクルを繰り返し、自分の髪の毛として一生伸び続ける
○自分の髪の毛を使うので安全
といったことがあげられます。
自分の髪の毛として伸び続けますので理想的ともいえます。

自毛植毛のデメリットは、
○後頭部や側頭部の頭皮を切り取って移植するので、その切り取った際の傷が残る
※通常は毛で隠れます
○移植する髪の毛の量が少ない人には向かない
○初期費用が高い
※基本的に後のメンテナンス費用がかかりませんのでそれを考えると人工毛植毛に比べて低いとみることもできます
○生え揃うまでに時間が掛かる
などがあげられます。
 

人工毛植毛、自毛植毛、それぞれにメリット・デメリットがありますが、アメリカでは人工毛植毛は、トラブルが多く安全性が低いとして法律で禁止されています。

時間を掛けても、自分の髪の毛を大切に育てたい人や、安全に植毛したい人、根本的な解決を目指したい人は、自毛植毛を選ぶことが妥当です。

植毛は頭皮に毛を移植して毛根を再生させるわけですから、育毛や増毛と違って医療行為にあたり、医師法によって、医師以外の者が行ってはいけない行為となります。

詳細は下記のサイトにも記載されていますのでそちらを参照して下さい。

> 自毛植毛するなら! ルネッサンスクリニック

植毛は、医療行為で手術が必要なため抵抗のある方も多いと思いますが、AGAの進行で毛母細胞が死滅している場合にはAGA対策では手遅れで、毛母細胞ごと移植する植毛かカツラなどに頼らなければ毛髪は再生しません。

植毛は、育毛剤では手遅れと思われる方や、確実に早く髪の毛を取り戻したい方の選択肢として人気が出てきています。

育毛剤のように個人差もないため発毛治療の選択肢として注目されています。
 

Copyright (C) 2013 植毛(人工毛植毛と自毛植毛) All Rights Reserved. サイトマップ