髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

AGAの仕組み


ここでは、男性の薄毛・抜け毛の原因として最も多い脱毛症、AGAについて解説します。

AGAの仕組み

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。

AGA(男性型脱毛症)は、主に男性ホルモン(遺伝を含む)の影響が原因と考えられています。ここでは、AGAの仕組みについて少し詳しく解説していきます。

AGA(男性型脱毛症)の仕組みは以下の通りです。
  

@男性の場合、主に睾丸から男性ホルモン(テストステロン)が分泌されています。この男性ホルモン(テストステロン)は血液とともに全身に流れます。

A男性ホルモン(テストステロン)は、頭皮に存在する酵素の一種である 「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで、毛母細胞を萎縮させる、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

BDHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体と結合して脱毛因子「TGF-β」を増やします。

Cそしてこの脱毛因子「TGF-β」が毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛がぬけるように」と脱毛指令(FGF-5)を出します。


AGAの仕組み(図解)

この一連の作用でヘアサイクル(毛周期)が乱れ、本来であれば2〜6年存在する髪の毛が、成長期を経ないまま(十分に太い髪になる前に)すぐに退行期・休止期に向かって抜け落ちてしまいます。

その結果、いわゆる抜け毛、薄毛、禿げ(ハゲ)などに進行していきます。

増えている女性のAGA

詳細は解明されていませんが、女性の場合でも、更年期の影響や仕事や育児のストレス、過度なダイエットなどでホルモンバランスを崩した結果、男性ホルモンが優位になりAGA(男性型脱毛症)が進行していると思われる方も多いと言われています。

男性型脱毛症をAGAと呼ぶのに対して女性の場合は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼んでいます。

男性の場合、頭頂部や前頭部を中心に毛髪が細く・薄くなっていきますが、女性の薄毛の場合は生え際の後退があまりみられず、頭頂部や頭部全体が薄くなってくるのが特徴です。

AGAの原因

AGA対策
 

Copyright (C) 2013 AGAの仕組み All Rights Reserved. サイトマップ