育毛辞典

髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
眼精疲労と薄毛との関連
育毛剤の浸透力
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
界面活性剤
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

育毛辞典


髪の情報サイト 育毛辞典

育毛辞典は、抜け毛、薄毛、白髪など髪や頭皮のことでお悩みの方を支援する髪の情報サイトです。髪や頭皮のことに関連する用語、知識についてわかりやすく解説します。

髪や頭皮に関する知識を理解した上で、自分の今おかれている髪(頭皮)の状態を理解し、これからのヘアケア生活にお役立て頂ければ幸いです。ヘアケア対策は早ければ早いほど効果があります。



  
AGAとは?

最近、テレビのCMや雑誌などでAGAという言葉をよく耳にします。

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。

薄毛やハゲに悩む男性の90%以上(日本人の1300万人以上)がAGAが原因と言われていますので、最近髪が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたという人の殆どはこのAGAが原因と考えてよいでしょう。

AGA(男性型脱毛症)には、
○生え際が後退していくいわゆるM型脱毛症
○頭頂部から脱毛が進むO型脱毛症
○そのM型とO型二つが合わさった複合型脱毛症
などがあります。

AGAは進行型タイプとなります。円形脱毛症のように突然禿げてしまうのではなく、徐々に薄くなっていくのが特徴です。

早い人では思春期以降に始まり、50〜60歳を過ぎると半数以上の方にこのAGAが発症してしまいます。進行型タイプですので早めに対策を打つのが効果的です。

AGA(男性型脱毛症)は、一般的に男性ホルモン(遺伝によるものを含む)などの影響と、食生活・生活習慣などが主な原因と考えられています。なかでも男性ホルモン(遺伝によるものを含む)による要因が強いと言われていますが、適切なAGA対策と日頃のケアや食生活・日常生活でかなり改善することが可能です。
 
増えている女性のAGA(FAGA)

その詳細は解明されていませんが、女性の場合でも、更年期の影響やストレス、ダイエットなどでホルモンバランスを崩した結果、男性ホルモンが優位になりAGA(男性型脱毛症)が進行している方が多いと言われています。男性型脱毛症をAGAと呼ぶのに対して女性の場合は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼んでいます。

男性の場合、頭頂部や前頭部を中心に毛髪が細くなっていきますが、女性の薄毛の場合は、生え際の後退があまりみられず、頭部全体の毛髪が薄く・細くなってくるのが特徴です。

このFAGAを含めた女性の薄毛の人口も600万人以上とも言われており、男性と同様に薄毛で悩んでいる人が増加傾向にあります。

育毛事典では、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性の男性型脱毛症)の原因やその対策・予防法などに関する情報を様々な視点から提供し、抜け毛、薄毛、ハゲの予防や改善に真剣に取り組む人をサポートします。
  
AGA(FAGA)を理解して育毛対策を

薄毛、抜け毛、細毛などに悩まれている方の殆どがAGAが原因と考えられますので、これらを改善するためには、AGA対策が必要となります。言い換えればAGAを解決することができれば殆どの髪の悩みから解放されることになります。

実際、髪が細くなってきたので髪を太くしたいとお考えの方、生え際の後退や頭頂部の薄毛が気になってきた方などは、早めにAGA対策に取り組んで下さい。AGA対策は進行型ですので早ければ早いほどその進行を食い止めることができます。

AGA対策に取り組むには、まずは、AGAの仕組みを知ることが大切です。

AGAに関する知識を習得し、しっかりとした知識をもって対策を講じることが有効策となります。

白髪染めは刺激の少ないものを

加齢とともに薄毛が進行していく中で髪の色も徐々に白くなっていきます。

遺伝やストレスなどの影響などで若くして白髪になったり中途半端に白い髪があると白髪染めを活用するケースが出てくると思いますが、刺激の強い白髪染めを使い続けるとアレルギーを起こしたり、抜け毛、薄毛の原因にもなりかねません。

白髪染めを使用する場合はそのリスクを理解し、できれば刺激の少ないものを使うようにしたいものです。
  

Copyright (C) 2013 育毛辞典 All Rights Reserved. サイトマップ  | 当サイトについて